化粧品アレルギーで大人ニキビができる私

 

 

私は思春期の頃からニキビがひどかったのですが、40歳に近づいた現在でも大人ニキビがしょっちゅうできます。
 
大人ニキビに関して主な原因は、化粧品がお肌に合わないという一種のアレルギーによるものでした。
 
私はアルコールなどいくつかの成分に対してアレルギーがあるようで、1回でも使用すると主にあごの部分にニキビが大量に出てしまいます。
 
化粧品アレルギーによる大人ニキビのやっかいなところは、原因となっている化粧品の使用を中止しただけでは消えないということです。
 
だいたいは医療機関を受診するかニキビの塗り薬を使用するかしないと落ち着きません。
 
そして大人ニキビは医療機関で治療を受けても簡単には治らないことがあります。かつてあごに大量に大人ニキビが発生してしまった時に最初は皮膚科を受診したのですが、治療方法がビタミン剤と塗り薬程度しかないということでした。
 
しかもその治療方法では全く治らない状態だったので今度は内科を受診して漢方薬を処方してもらったところ、大人ニキビはきちんと治りました。
 
このように一般的に行われている治療方法では効果が見られないこともあり、大人ニキビはひどくなる前に対処する、もしくはできないように気を付けるしかないのだと思っています。
 
■医療機関での治療以外のニキビケアはこちらが参考になります。
皮膚科に頼らない!本気ではじめるニキビケア